読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒なしメガネをかけて

日々思ったことをテーマ無く自由に気分で不定期に怒なしメガネをかけて

ネット弁慶と他人の視線に弱い話

f:id:twitlarc:20170324012612p:plain

ネット弁慶

はい、私のことですね。

ネット弁慶とはインターネットの掲示板やチャット、SNSなど、ネット上では威勢がよく強気だが、実際にはおとなしかったり、気弱な性格をした人のこと。

 

Twitterでは割りと器用にリプをしたり、ツイートしたりしていますが、非常に残念なことにリアルとなってしまうと勢い半減します。
半減以下かもしれません。
特に女性が相手だと尚更勢いを失っていきます。

 

ネットだと考える余裕があるからなんでしょうね。
リアルタイムでぽんぽん話をすることが苦手なんだと思います。

 

これがまだ1対1だといいんです。
お互い相手しかいないからその相手と喋るしか無いじゃないですか。

これが3人、4人となってくるともうダメ。
会話に入っていけない…なので基本は聞き役に回ります。


あとは視線。

視線に弱いです、特に女性の。

もう見られてるだけで恥ずかしくなる!


ん?ドMか????
でもあまり目をそらしては失礼かと思い、気合いで見つめ返します。
それでもやっぱり普通の人に比べて全然目を合わせることが出来ません。

そして、これも先ほどと同じで人数が増えると大変。

自分が何かを話してる時、複数人から同時に見られる…あれれ、拷問かな????
もう恥ずかしくて恥ずかしくて。
話してる途中から自分の中でソワソワし始めるのがよくわかります。
悟られ無いよう頑張ってるつもりではいますが…。


なので会社とかの会議にしても大勢を相手に喋るのが苦手です。
プレゼンとか地獄かと!!

まだ社会人になって喋らないといけない機会が増えたお陰でだいぶ改善はされてはきていますが、まだまだやっぱりだめ。
もう慣れるしかないんでしょうね。


今回の一言:

なんか視線を合わせるってエロい

 

視線がこわい (集英社新書)

視線がこわい (集英社新書)