読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒なしメガネをかけて

日々思ったことをテーマ無く自由に気分で不定期に怒なしメガネをかけて

電車で聞いた留学生であろう青年の言葉に感じたこと

f:id:twitlarc:20170413134719p:plain

「私は夜桜で雨がシトシト降っているのを見るのを好みます。」

 

なんだか凄い。
普段聞き慣れない言葉だからなのか余計に何か響くものがありました。


外国人が日本の桜に感動するという話は知っていますが、

その青年はただの桜ではなく、夜桜
しかも晴れた日の鮮やかな桜ではなく、景色は雨
さらにただの雨ではなく、シトシト雨
そして極めつけは、好きではなく、好む

 

感情ではなく感性で感じているかのような表現の数々に衝撃を受けました。

 

日本語の教科書がこのような表現なのかもしれないけれど、普段の会話でこう放たれてしまうと日本人としてなんとも複雑な気持ちにさせられました。
日本人より本来の日本人らしい表現をしているなって。


私なら「桜が満開でめっちゃ綺麗だったwww」程度なものですよ。


綺麗な日本語、情景が浮かぶ日本語、大切にしていきたいですね。


今回の一言

ニホンゴムツカシイネ

 

美しい「日本語」の言いまわし―――粋で優雅で角も立たない!「伝える技術」

美しい「日本語」の言いまわし―――粋で優雅で角も立たない!「伝える技術」